本文へスキップ

不妊鍼灸 多嚢胞性卵巣症候群|横浜市港北区、日吉、綱島、グリーンライン高田駅エリアの鍼灸院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.045-517-5669

メールでのお問い合わせはこちら メールでの問い合わせ

多嚢胞性卵巣症候群(pcos)不妊鍼灸

多嚢胞性卵巣症候群の症状と妊娠について

 多嚢胞性卵巣症候群とは、卵巣で男性ホルモンが必要以上に作られてしまう為に排卵しにくくなる疾患です。割合としては女性の20〜30人に1人の割合でみられると言われています。
 代表的な症状は...
  1. 月経異常、月経困難、生理不順、無月経
  2. 多毛、声の低音化、ニキビ
  3. 肥満
  4. 排卵されにくいため不妊の原因になることもあります。
原因についてははっきりとしたことは分かっていませんが、遺伝的要素は関係しているようです。



多嚢胞性卵巣症候群の改善に向けて

 まず、肥満 [BMI 体重kg ÷ (身長m)²が25以上]という症状があれば体重を減らすことで妊娠の可能性は向上します。
 また肥満の原因でもある糖質過多だと多嚢胞性卵巣症候群になりやすくなります。甘いものはもちろんパンや白いご飯、パスタなどは糖質を多く含んでいますので摂りすぎに注意しましょう。ビタミン、ミネラルは生殖に関係するホルモンに深くかかわっています。

【 ま・ご・わ・や・さ・し・い 】日本食は素晴らしいバランス食

 妊娠に関係するミネラルとして一番に挙げられるのが【亜鉛】です。しかし現代の日本人の亜鉛の摂取量はかなり不足しています。原因として魚介類の摂取量が減っているためと、食品添加物を摂ることによって亜鉛が体外に排出されてしまうことです。食品添加物に関してはそれらを体内で処理するためにビタミンC、ビタミンB1、マグネシウムなどの大切な栄養素が大量に体内で使われて不足してしまいます。特にマグネシウムは単独で不足しても多嚢胞性卵巣症候群をはじめ月経困難症やPMS(月経前症候群)を引き起こすと言われています。

 それらを上手く補ってくれる食事が「ま・ご・わ・や・さ・し・い」です。
【ま/豆】大豆、小豆、そら豆など。
【ご/ごま】ごま、ナッツ類、木の実。
【わ/わかめ】海藻類
【や/野菜】野菜全般、葉物、根菜、緑黄色野菜を季節の野菜を摂りましょう。
【さ/さかな】魚介類
【し/しいたけ】キノコ類
【い/いも】イモ類、ジャガイモ、サツマイモ、里芋

この「ま・ご・わ・や・さ・し・い」をまんべんなく上手に普段の食事に取り入れることによって栄養バランスを摂るようにしましょう。

多嚢胞性卵巣症候群における鍼灸治療について

 鍼灸の施術の目的は主に自律神経の働きを良くし、生殖活動が正常に行えるようにするのが目的となります。こと多嚢胞性卵巣症候群のための特別な施術というのはありませんが、全身を整えていく中で卵巣の働きを改善させていくという形になります。

 鍼灸施術についての詳しくはこちら>>
 多嚢胞性卵巣症候群の症例>>

村上はりきゅう治療室鍼灸専門
村上はりきゅう治療室

〒223-0066
神奈川県横浜市港北区高田西2-10-12-1
詳しいアクセスはこちらへ

TEL 045-517-5669
(予約制)
 
メールでの予約、お問い合わせはこちらから お問い合わせ

診療時間 9:00~20:00
年内は休まず診療しております。

<施術料金>
一般
 4,000円/ 初診料 2,000円
中高
 3,000円/ 初診料 1,000円
小学生
 2,000円/ 初診料 1,000円
未就学児
 1,000円/ 初診料 1,000円
不妊治療3回セット
 10,000円/ 初診料 2,000円
逆子安産3回セット
 10,000円/ 初診料 2,000円

※不妊、逆子安産とも1回のみの施術のときは一般と同じ料金(4,000円)になります。

時間・料金 詳しくはこちら