治療について

当治療室で行う「脉診流経絡治療」は全身調整が基本です。

方針イメージ

 

 脉診流経絡治療は伝統的な日本古来から伝わる治療法です。全身をめぐる経絡の乱れを整えることで自然治癒力を強化し、病や体の不調を治癒に導いていきます。

当治療室の鍼灸治療は無痛で心地よい施術です。患部に直接ブスブスと鍼を刺したり電気を流したりする治療は致しません。患者さんの訴えに耳を傾け、脈、お腹、手足の経絡の皮膚の状態を細かく観察し、体質や症状に合わせて施術致します。

当治療室で行う治療は全て全身治療になります。自律神経失調症、精神的な症状、メニエール病、更年期障害などの婦人科疾患には全身を細かく観察し、全身の状態を捉えて治療を進める技術が必要です。当治療室ではそういった意識をしっかり持って施術致します。

当治療室は鍼灸専門です。マッサージとの併用やリラクゼーションを目的とした施術は行っておりません。

使用する鍼はディスポーザブル(使い捨て)です。感染症等の心配はありません。

お子さんや刺激に敏感な方に使用する刺さない鍼です。

治療の流れについて

問診

 問診表に主訴(一番辛いところ)、既往歴(今までに罹った病気など)、睡眠状態、食欲、便通、女性の場合は月経の状態なども記入して頂きます。

触診

お腹や背中、手足の皮膚や筋肉の状態を診ます。

脉診

 両方の手首のところにある動脈を診ます。患者さんのその時の状態を把握し、問診、触診から得た情報をもとに総合的に判断し治療の方針を決めていきます。

治療

 足のツボに鍼をしているところです。皮膚に接触させる程度の施術です。痛みを感じることはほとんどありません。

 背中に温灸を施しているところです。棒灸と言われるものを皮膚にかざして温めているところです。ふわっと温かく感じます。

適応症

小児特有の疾患(小児はり)...夜泣き疳の虫夜尿症・小児喘息・アトピー性皮膚炎・虚弱体質(食欲がない・よく風邪を引く・よく熱を出す等)・吃音・チック・トゥレット症候群・発達障害・起立性調節障害など...。

妊娠期の治療...つわり・逆子 安産・浮腫み・マタニティブルーなどのマイナートラブル

不妊症(不妊治療)

肩凝り・腰痛・五十肩・膝痛・スポーツ障害・子供の肩凝り腰痛などの運動器疾

生理痛・生理不順・月経困難症・月経前緊張症(PMS)・更年期障害などの婦人科疾患

花粉症・アトピー性疾患

胃痛・胸焼け・逆流性食道炎(胃食道逆流症)・呑気症(空気嚥下症)

頭痛・めまい・耳鳴り・難聴・メニエール症候群・耳管開放症

慢性疲労・自律神経失調症・顔面麻痺麻痺

うつ病・パニック障害・不安などの精神疾患精神疾患