本文へスキップ

横浜市港北区、日吉、綱島、高田駅エリアの鍼灸院です。

ご予約・お問い合わせはTEL.045-517-5669

〒223-0066 横浜市港北区高田西2-10-12-1

お子さんのよくある症状と対策 発熱 嘔吐 下痢 ひきつけ(熱性けいれん) 咳(せき) 腹痛

発熱...

 子供が発熱して苦しそうにしていると、親としては心配で何とかしてあげたいと思うものです。しかし、熱は下げればいいというものではありません。身体の免疫力によって熱を上げ、菌やウイルスを死滅させ、病気を治す重要な役割があるとしたら、どうでしょう。

 インフルエンザなどの強いウイルスの感染を受けると、身体は39度以上の熱を出してウイルスの増殖を抑えます。

 熱を上げることは、病気と闘う重要な手段なのです。ただしあまりにも高熱のときは自分の身体に悪影響を及ぼしますので、39.5度以上を目安にするといいと思います。ただし、あまりに早い段階で解熱剤で熱を下げるとウイルスが増殖してしまうことが確認されています。

 ただし、38.5度以上あり、本人の苦痛が強く、グズってしょうがないとき、飲み物も摂れないときは解熱剤を使って一時的に熱を下げて楽にしてあげてもいいでしょう。

 同じ38度以上の熱があるときでも、病気の進行状況によって対処は変わります。

1、手や足が冷たく身体が震えているときは、身体を温めてあげて下さい。身体はどんどん体温を上げてウイルスや菌と戦っているところです。この時点では解熱剤は出来る限り使用しない方がベターです。

2、手足が熱くなり、顔の紅みが増し、汗をかき始めます。今度は温めずにむしろ薄着をさせて熱を発散させてましょう。この時点では大体熱のピークは過ぎてます。

3、発熱時に気を付けなければいけないことは、水分の補給です。体温と同じくらいか少し温かいくらいの水、またはスポーツドリンクでもいいですが、そのままだと糖分が多すぎるので2分の1か、3分の1に薄めて飲ませるといいでしょう。少しずつ少しずつ無理に飲ませないようにして下さい。

4、2の状態が過ぎると身体はウイルスや菌との戦いに消耗しています。回復させるためにまさに死んだように眠ります。食事も取らずに半日以上もずっと寝続けます。そんなときは無理に起こして食事を摂らせる必要もありません。ただただ回復させる為に休ませてあげて下さい。
                                         .

嘔吐・下痢...

 嘔吐下痢と言えばノロウイルスや、ロタウイルスがすぐに思いつくと思います。風邪がお腹に入っても嘔吐、下痢を起こすことがあります。この場合の嘔吐下痢はお腹に入ったウイルスや細菌を身体の外に追い出す為の身体の防御反応です。そしてウイルスや菌に侵された身体を回復させるために胃や腸の中を空にします。お腹の粘膜を休ませる為です。

 このときに重要なのが水分補給です。少しずつ口の中を湿らす程度でもいいですから、マメに水分を補給して下さい。スポーツドリンクを半分から3分の1程度に薄めて40度前後の温かさにします。まれに全く水分を受け付けないこともあります。この場合は病院で診てもらった方がよいでしょう。

赤ちゃんの乳吐き...
 赤ちゃんはよくお乳やミルクを吐いてしまいます。これはげっぷのときに一緒に出て来てしまうので、縦抱っこにして背中をポンっポンっと軽く叩いてあげてげっぷを出してあげて下さい。


 子供はよく食べたものを吐いてしまいます。一気に食べてしまったり、冷たいものを食べたりしても吐くことがあります。ほとんどが未消化のままです。この場合、見ている方はビックリしますが、本人は意外とケロッとしています。念のためさ湯や消化の良いものを食べさせて様子をみて下さい。

 便がゆるかったり、色が変だったりすると心配されるお母さんもいると思いますが、お子さんの様子が普段の様子と変わらなければ心配はいりません。

 原因は食べ過ぎ、消化の悪いもの、腐敗したものを食べたとき。お腹を冷やしたとき、アレルギー、ストレス、ウイルスや細菌、抗生物質の副作用といろいろあります。下痢をした時も基本的には嘔吐と同じで、悪いものから腸を守るための防御反応ですから、下痢自体は悪いことではありません。
 むしろ下痢や嘔吐をすることは身体を回復させるためには必要なことと言えます。

注意が必要な嘔吐下痢...
 熱が高くグッタリしていて、嘔吐下痢の症状が長引く場合は、細菌やウイルスの可能性があります。特にノロウイルスやロタウイルスは抗生剤等の有効な薬が有りません。一番気を付けなければいけないことは脱水症状です。水さえも受け付けない場合は病院で診てもっらてください。
 またロタウイルスやノロウイルスは感染力が非常に強いです。便や吐しゃ物を処理するときは慎重に慎重を重ねましょう。

                                       ,

ひきつけ(熱性けいれん)

初めてけいれんに接すると、その様子に驚いて、我が子が死んでしまうのではないかと思い、気が動転するものです。しかし、その対処法について正しい知識があれば慌てることはありません。

 一般的には良性の疾患で、5歳くらいまでに多く、8歳以降はほとんどみられません。
 熱が急に高くなったときに起こりやすく、2〜3分で終わることが多く、ほとんどが10分以内に終わります。口から泡を吹いたり、吐いてしまうこともあります。体温は38度以上のことがほとんどです。

対処のポイント
1、慌てない(大丈夫と自分に言い聞かせる)、出来れば時計を見ておく。
2、頭、または身体を横に向け、吐いた物で喉を詰まらせないようにする。
3、口に物を入れない。舌を噛み切ることはありません。口に溜まっているものがあれば掻きだす。
4、大声で呼んだり、ゆすったりしない。
5、けいれんが終わるまで傍にいる。
6、10分以上続いたり、意識が戻る間もなく繰り返すとき、またけいれん後に麻痺や意識障害が持続するときは救急車を呼んで下さい。
7、身体の一部のけいれん、左右差のあるけいれん、1歳未満のけいれん、初回発作の場合は小児科を受診して下さい。

 それまで元気だった子が、急に熱が上がってひきつけた場合は、まず熱性けいれんと考えていいと思います。具合が悪い状態が続いた後のけいれんは、脳炎、髄膜炎などの重い病気の場合がありますので、すぐに小児科を受診して下さい。

                                        .
 

咳(せき)

 体質的に気管支が弱いと、冷たい空気を吸ったり、身体が冷えたりすると咳が出てしまいます。また、風邪の後の咳は気管支粘膜に付いた痰を排出するための身体の大切な反応なので、咳止めなどの薬を使って咳を止めるのは良くありません。
 咳の予防としては、1、こまめにうがいをする 2、マスクの着用 3、部屋の加湿 4、水分補給 5、身体を冷やさない、温める。

 冷たい空気などに接しても負けないように普段から乾布摩擦などをして皮膚を鍛えておくのも良いと思います。ただし無理は禁物です。少しずつ慣れさせるように最初は暖かい部屋でやって、段々部屋の温度を下げて、最終的には外でも出来ようになるのが理想です。
 特にアレルギーや虚弱な体質でない場合は、あまり厚着をせず薄着で過ごすほうが寒さに対する体温調節ができるようになるので、多少風邪を引いたとしても薄着をした方が将来強い身体になります。

 注意すべき咳
 1、高熱を伴う激しい咳。痰の絡んだ音になるのが特徴です。呼吸困難になることも。(肺炎) 
 2、風邪の症状から始まります。犬の遠吠えのような「ケーン、ケーン」という様な咳が特徴です。夜に容体が急変し呼吸困難になることがありますので、注意が必要です。(急性咽頭炎)
 3、軽く力の無い咳が続き、食欲が落ち痩せてくる。(結核)
 以上のような咳が見られたら、すぐに病院に行ってください。

                                        .

腹痛

 お子さんは、よく「お腹が痛い」と言います。
 本当にお腹が痛いときと、何か他に訴えたいことがあるときにも「お腹が痛い」と言います。例えば、甘えたいとき、構って欲しいとき、叱られそうなときです。そんなときは大好きな遊びとかに誘ってあげたり、ちょっと気を逸らせると言わなくなります。そんなときでも、様子をみて何となくグズっているときは、優しくお腹を撫でてあげて下さい。

 食べ過ぎた場合にもお腹が痛くなります。吐いてしまえば痛みは治まりますが、吐けなくても時間が経てば治まります。

 冷たいものを食べたときもお腹が痛くなります。この場合はお腹を温めたり、温かく消化の良いものを食べることで治まります。
 よく観察していると、どういうときにお子さんが腹痛を訴えるか分かってきます。そのパターンを知っておくと落ち着いて対処できます。

注意すべき腹痛
 
1、高熱を伴う場合 2、嘔吐や下痢の症状がある場合 3、お腹がパンパンに張っている場合。以上の症状がる場合はすぐに病院に行って下さい。

 

脉診流はり灸専門
 村上はりきゅう治療室
村上はりきゅう治療室

〒223-0066
神奈川県横浜市港北区高田西2-10-12-1
TEL 045-517-5669
FAX 045-517-5669
スマートフォン版