不妊治療

どうして「はり灸」で赤ちゃんができるか。

 

 不妊症とは病名ではなく、避妊をしていないにも関わらず、2年以上妊娠に至っていない状態のことを言います。

 不妊の原因は、男性因子40%、女性因子40%、原因不明20%と言われています。

 妊娠が成立するためには心身ともに健康であることがとても大切です。

 ところが現代の不妊で悩まれている方の多くは、慢性的に冷えに悩まされていたり、疲労がとれず、精神的なストレスからくるイライラや不安など「心身ともに健康な状態」とは言えないケースが多くあります。

 この様な状況で自然妊娠に至らず、一般不妊治療から高度生殖医療・人工受精(AIH)、体外受精(IVF)、顕微授精(ICIS)と進めていってもよい結果が得られず、お子さんを諦める方も多くいらっしゃると思います。

 元々の身体が十分でない状態で高度生殖医療を受けても良い卵が採卵できなかったり、上手く子宮に着床できたとしても卵が上手く育たず流産してしまうというケースは少なくありません。


赤ちゃんを授かるためのはり灸の役割…

 そこで、はり灸の役割として、赤ちゃんが育ちやすい子宮環境を作るということです。はり灸治療は身体全体の気の巡りを良くし、冷えの原因である気の滞りを改善させ冷えを改善させ温かい状態を保ちます。

 ホルモンバランスを整えて生理周期を正常に近づけていきます。

 はり灸治療で重要なところは、これらの身体の変化は薬の力ではなく、すべてご自分の身体がご自分の自然治癒力で行っているというところです。そのサポートをするのがはり灸の役割です。

 そして、身体の気の巡り良くなることで、自然妊娠を望まれている方も、高度生殖医療を受けている方も身体の状態が整い妊娠しやすい身体になるのです。


日常生活で気を付けること

1、夫婦間のスキンシップを取る。基本的に夫婦生活が無いと妊娠はあり得ませんが、人工受精や体外受精、顕微授精でも夫婦間のスキンシップはあった方が妊娠率は高くなります。それはスキンシップを取ることでホルモンの分泌など身体に変化が起きるからです。

2、よい睡眠を取れるように心掛ける。睡眠は心身の疲労を取り、身体の様々な働きを正常化するための非常に大きな役割を担っています。

3、適度に身体を動かしましょう。身体を動かすことで食欲が出たりよい睡眠を得やすくなります。

4、甘いものは出来るだけ控えましょう。甘いものは身体を冷やす方向に傾かせます。また、特に人工甘味料は不妊の原因になりやすいとの報告が多数なされています。

「鍼灸治療は米国で不妊治療患者が最も利用してる代替治療」  
“Alternative Treatments May Boost IVF Success”U.S.News &World Report – Oct 21,2009 米国USニュース&ワールドリポート2009年10月21日付の記事で、米国カリフォルニア大学の研究チームが不妊症治療患者調査により、鍼治療が体外受精など不妊治療中に利用する代替医療の中で最も多くの患者が利用するものであることを紹介。  米国生殖医療学会の年次研究大会で発表された生殖医療と代替医療に関する研究について紹介、米国の431人の不妊治療患者を対象に鍼治療を含めた代替医療の利用状況を料刺した研究結果を解説。ニューヨークでは、47%が代替医療を活用し、90%以上の利用者が代替医療に効果があったと回答したとのこと。

治療について

 村上はりきゅう治療室では、脉診流の経絡治療が主な施術方法になります。この治療により生命力を向上させ、身体の様々な機能がスムーズに働くようになります。
 それにくわえて、必要であれば妊娠力を上げるツボや関係するツボを適宜選択し施術します。
 治療の期間、頻度は目安として週に1~2回、3カ月を目安として頂けると良いと思います。不妊症以外の症状やその方の身体の状態によって変わってきます。また、特に体外受精、顕微授精では胚移植前に鍼灸治療をし身体の調子を整えると妊娠率が上がります。


不妊の原因について

不妊の原因の男女比率は男性40%、女性40%、不明20%となっております。

排卵障害… 女性の不妊の原因の中で最も多いものとされています。
   卵子が育たない、卵の質が悪い、排卵しないなどです。

 その原因として…
1、心因性や生活習慣の乱れからくるストレスにより脳からのホルモンの分泌がうまくされない為に基礎体温が高温期、低温期の2層になっていないことが多く、卵子が育たない、排卵しない、卵の質の低下の原因となります。
2、加齢による卵の質の低下。

 ・卵巣機能低下 ・高プロラクチン血症 ・黄体化非破裂卵胞 ・多のう胞性卵巣症候群など


卵管の問題… 卵管は卵巣と子宮を繋ぐ管です。卵管に癒着や詰まりがあると、精子が卵子まで到着できなかったり、受精卵が卵管を通過し子宮に移動できない為に不妊の原因となります。

  ・子宮内膜症 ・卵管狭窄 ・卵管閉塞 ・卵管水腫 ・クラミジア感染症


子宮の着床の問題… 受精卵は子宮内膜に着床します。子宮内膜が十分な厚さを持たないと受精卵は着床できません。また、子宮の状態も大きく着床に関わってきます。

1、黄体機能不全… 黄体の機能が十分に働かないと基礎体温は高温期にならず、子宮内膜も厚みを持つことができません。子宮内膜に十分な厚みを持たせ受精卵の着床準備、着床、着床維持に大きく関わっているのが黄体ホルモンです。
2、子宮の問題… 子宮筋腫、子宮内膜ポリープ、子宮内膜炎、子宮奇形


子宮頸管の問題… 膣から子宮に入るところを子宮頸管と言います。子宮頸管からは子宮頸管粘液が分泌され精子を子宮に運ぶ重要役割を果たします。粘液の粘り気が強かったり、少なかったりすると精子が子宮までたどり着くことができません。

  ・子宮頸管粘液不全 ・子宮頸管の抗精子抗体


「機能性不妊」とは、男女どちらにも異常がみられない場合(原因不明)。これには冷えやストレス、環境ホルモンなどの社会的原因が考えられます。特に冷え症は婦人科系に様々な悪影響を及ぼし、ストレスや環境ホルモンは自律神経を乱し正常なホルモン分泌が行われなくなり、男性では精子の数や運動率が下がります。


男性不妊について

 不妊に悩むカップルの約40~50%は男性側にも原因があるとされています。精子の数や運動率は生活環境や、ストレスの影響を受けやすいものです。また、男性の勃起と射精は副交感神経と交感神経の自律神経のシステムが複雑に働くことによってなされます。

 男性不妊の治療をお考えになる方は、まずは男性不妊専門のクリニックを受診されて不妊の原因を特定されることが第一と思います。

 OAT症候群(乏精子症、精子無力症、奇形精子症)や勃起障害(ED)、射精障害などは生活環境やストレスが大きく関わってきます。鍼灸治療を受けることで身体をリラックスさせ自律神経のバランスを取り、本来ある精子を作る機能や、勃起、射精する機能を取り戻すことができます。
 しかし、器質的な原因やホルモン異常などが原因の場合は男性不妊専門のクリニックで適切な治療(手術やホルモン補充療法)をされることが第一と考えます。鍼灸治療は、その補助的な役割として選択されると、手術やホルモン治療の効果が上がり、より回復が早まります。

 1、精索静脈瘤… 精巣近くの静脈が膨らみこぶ状になること。この精索静脈瘤があると精巣の温度が2~3度上昇することが多く、熱に弱い精巣の造精機能が低下しOAT症候群を引き起こすことになる。この治療には手術があり、これにより精液所見が改善される。

 2、ホルモンの分泌異常(内分泌異常)… 造精機能障害のうち、数は少ないものの比較的見つかりやすい原因に「ホルモン分泌異常」があります。これは精子をつくるために必要な下垂体ホルモンの分泌が少ないもので、「低ゴナドトロピン性精巣機能低下症」と言います。
 不足したホルモンを補うホルモン補充療法を行うことで、精液所見の改善が期待できます。

 3、無精子症…無精子症とは、射精した精液の中に精子がひとつも見あたらない場合を言います。精子の通り道(精路)に問題がある「閉塞性無精子症」と、精路に問題はないが精巣の精子形成に問題がある「非閉塞性無精子症」の2種類があります。


施術料金について

 村上はりきゅう治療室では少子化対策、妊娠希望応援ということで、不妊治療3回セット で治療料金10,000円のコースを設定しました。男性不妊の方も適応になります。(通常1回 4,000円)是非ご利用ください。


よくある質問

… 村上はりきゅ治療室の不妊治療の特徴は?
… 当治療室で行っている不妊治療は、脉診流経絡治療と言い東洋医学の理論に基づいた診察、治療により、身体全体の気血(血液や身体の熱など)をバランスよく巡らし、妊娠しやすい身体づくりを目指します。
 自然妊娠を希望される方から、人工授精(AIH),体外受精(IVF),顕微授精(ICSI)など、高度生殖医療を受けている方にも効果があります。

… 治療頻度はどれくらいですか?
… その時の症状や体質、妊娠や流産の有無、その時の身体の状態(脉やお腹など)により、治療頻度をご提案させて頂いております。一番多い例としては、週に1回が基本となります。また、体外受精や顕微授精では胚移植をする前に治療をすると妊娠する確率が高くなります。期間は約3カ月程度を目安としています。これは体質を改善するにはどうしても必要な期間だからです。

… 生理周期のどのタイミングで治療を開始すればいいですか?
… どのタイミングでも大丈夫です。その時の生理周期に応じて治療効果は発揮されます。
生理中であれば、不要になった子宮内膜を速やかに排出させ、妊娠に向けての子宮内膜の形成を促します。
低温期は、良質な卵子の形成を促し、子宮内膜の状態を向上させます。
高温期は、子宮内膜に受精卵が着床しやすくし、定着するのを助けます。

… 不妊以外の治療も出来るのでしょうか?
… もちろん出来ます。身体の状態を良くすることは、妊娠をしやすい身体を作る上でとても大切なことです。頭痛、肩凝り、腰痛、冷え症などの症状を改善することは妊娠し易い身体を作ることに通じます。

… 妊娠判定が出た後、鍼灸治療は継続してもいいのでしょうか?
… はい、大丈夫です。妊娠中の鍼灸治療は流産の予防、逆子の予防、安産の治療になります。また、つわりなどの妊娠中の様々な症状の改善にも取り組んでおります。