起立性調節障害>冬に症状が悪化する

初診時 平成28年5月12日

中学3年生 14歳 女子 陸上競技部に所属、主に短距離。

主訴 冬の寒い時期になると調子が悪くなり、朝起きられなくなる。その際に気持ちの悪さだったり腹痛がある。冬になると症状が悪化し、朝起きられなくなる。春から夏にかけては冬に比べればマシだが朝は辛い。発症は2年前の中1の秋。メトリジン(昇圧剤)とセルシン(安定剤)をクリニックから処方され服用している。

その他の症状 寝付けない、手足が冷える、頭痛、生理痛、起床時にふらつきや立ちくらみがある。首から腰まで全体が凝っている。

1週間から2週間に1回のペースで治療。

初診時の印象 見た感じは部活動をこなせており、中肉中背で全体にしっかりしている。手足は冷たく、呼吸は浅い。首肩から腰に掛けての筋肉の張りが認められる。こめかみに張りがある。

治療開始から1ヶ月後の4回目、軽いめまいや頭痛はあったが、基本的には調子が良い感じがする。

9月の半ばから寝付けない日や起きにくい日が増えて来る。しかし昨年と比べればかなり楽。寝つきが中々良くならないが、朝は起きやすい。

12月に入ってから寝つきが良い日が増えた。調子は良い。たまにめまいがある。

寝つきと寝起きは良かったり良くなかったりを繰り返しているが、基本的には調子が良い。年が明けて受験も無事終わり、進学先も決まる。

寝起きや寝つきはまだ完全ではないが、一応日常的には問題ないので終了とした。

 

 

 

起立性調節障害 >高校2年の秋に発症 頭痛、不眠、気持ちが不安定、生理痛

初診時 平成28年3月31日

高校3年生 17歳 女子

主訴 頭痛、不眠(寝つきが悪い、寝付くまで2~3時間かかる、起きれない、夢が多い)、気持ちが不安定、生理痛

その他の症状 動悸、息切れ、疲れやすい、めまい、ふらつき、学校はずっと休みがち。

始めは週に2回のペースで治療、症状の経過を見て週に1回、2週間に1回としていった。

初診時の印象はとても顔色が悪く、首肩がとても硬く凝り固まっていた。手足が冷たく少し汗ばんでいた。呼吸が浅く、身体の置き場が無いような感じ。

最初の5回は週に2回の治療。初診から3週間後の5回目の時には大分寝つきも良く頭痛も改善された。

その後、週に1回のペースで治療をする。気圧や天候、スケジュールがきつめになると体調が不安定になり、だるさや、頭痛が起きたりしていたが、体調は大分良い。

治療開始から2か月半後の15回目の治療から2週間に1回のペースで治療。この頃は朝早く起きて勉強ができるまでになった。

生理ときに頭痛と腹痛がるあが、その他は特に問題ない。

年が明け、高校を卒業し無事進学する。

生理痛はあるが、日々の生活は問題がない為、治療を終了とした。

 

不妊治療>治療開始から約5か月後に体外受精にて妊娠、出産。

初診 平成28年6月18日

女性 38歳

妊娠希望(2年くらい妊活をしており現在は人工受精をしている。もうそろそろ体外受精を考えている。)8か月前に初期流産。

体調がずっと良くない。途中で目が覚める。起きられない。夢見が多い。食欲がない。胃もたれ。息切れ。手足の冷え、むくみ。生理痛あり(1日目腹痛)首、肩、腰の凝り痛み。疲れやすい。立ちくらみ。耳鳴り。

10年前に卵巣嚢腫。

1週間から10日に1回のペースで治療を継続。クリニックでは人工受精を継続。

治療開始から5か月後の10月21日、体外受精にステップアップし移植。後日着床し心拍も確認される。

つわりがあり、夜になると酷くなる。寝つきが悪く、便秘気味。

年が明け、1月末ごろから安定期に入りつわりは治まってきた。便秘と寝つきの悪さはまだある。治療間隔を2週間あける。

4月5日、26週。便秘は変わらず。寝つきは良くなった。治療間隔を3週間あける。

7月16日、自然分娩で男子出産。

 

以下、出産報告のメールです。

 

こんばんは。ご連絡が遅くなりましたm(_ _)m

7月16日に、男の子を出産し、21日に2人揃って退院いたしました☆

赤ちゃんは陣痛開始から10時間半で産まれました。子宮口全開から私が微弱陣痛になってしまい、最終的に促進剤と会陰切開をしましたが、安産だそうです。

村上先生には本当にお世話になりました。

鍼灸に通ってよかったです。

またご縁がありましたら、その時はよろしくお願いいたします。

 

iPhoneから送信

 

不妊治療>治療を始めて約5カ月で人工受精による妊娠

初診 平成28年10月9日

女性 41歳

妊娠希望 クリニックで人工受精を今までに3回行った。初診日の2日前にも行った。

他の症状 手足の冷え、首肩腰背中の凝り痛み、上半身によく汗をかく。

10日前後に1回の治療間隔で継続。

2回目の治療の時に妊娠判定で陽性が出たが、6週で初期流産。その後治療を継続し、足の冷えや身体の凝り等も少しずつ減っていく。

翌年の5月に妊娠判定陽性。

妊娠中は腰痛や足のむくみ等はあったが特に大きな問題は無く、平成30年1月11日に帝王切開にて出産。

 

以下、出産報告のメールです。

 

ご報告遅くなりました!1月11日に帝王切開で無事に3190グラムの女の子を産むことが出来ました(^^)

色々とお世話になりありがとうございました~(^-^)

maikoishii_0688 (002)

小学生の頭痛(受験勉強のストレス)

初診 平成29年9月30日

小学6年生 12歳 男子

主訴 頭痛、首肩の凝り

その他の症状 寝つきが悪い、寝起きが辛い、疲れやすい

6年生になってから頭痛や首肩の凝りが気になりだす。中学受験のために塾に通っているが集中力が続かない。

来院時、触ってみても肩の凝りが強く、こめかみが張っている感じがあった。呼吸も大分浅い。

最初の4回は週に2回のペースで治療、その後症状の軽快と共に週に1回、2週間に1回のペースで継続。

最初の4回で頭痛は無くなり、首や肩の凝りも大分感じなくなった。寝つきは良いが、朝の起床時はまだ辛い。塾の帰りが遅く、就寝時間が遅いので朝が辛いのは仕方のない部分もある。塾の勉強は引き続きあるので週に1回のペースで継続。

その後、状態は良好。体調管理のために2週間に1回のペースで治療。

年が明けて受験直前の1月のはじめまで治療して、体調は良好なので治療は終了。

 

以下、お母様からのメールです。

 

村上様

お世話になっております。

ありがとうございました。

本人がどうしてもやりたいと言って2年前に始めた中学受験ですが、毎日休みなく夜遅くまでの勉強を繰り返しここまで来ました。

途中、頻繁に起こる頭痛がどうしたものかと困っていたところ、村上様に診て頂き、回復して以来、何とか体調を保ちながらここまでこれました。

試験が終われば、普通の小学生の生活に戻れますので、大丈夫かなと思っています。

ありがとうございました。

また、なにかありましたら、ご相談させていただく事もあるかと思います。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

起立性調節障害>中学1年で発症 身体のだるさ(特に起床時)、ふらつき

初診時 平成28年9月3日

中学2年生 14歳 男子

主訴 だるさ(特に起床時)、ふらつき

他の症状 鼻水、頭痛、手足の冷え、多汗、寝つきが悪い、途中で目が覚める。学校は休みがちで1週間ずっと行けないこともある。

クリニックではじめリズミックを処方される。2か月後の11月2日にメトリジンとインデラルに変更。

週に1回の治療をずっと継続。

最初診た時の感じはとても首や肩が緊張し、お腹も硬く、呼吸が浅い。手足が冷えて汗が多い。

はじめの1か月は、学校に行けるほどではないが治療を始める前よりは顔色等は良い。

11月以降、天候の影響の為かだるさと寝つきが悪いのが目立つ。薬をメトリジンとインデラルに変更。

11月に薬を変えてから寝つきが悪いのでメトリジンのみにする。

平成29年、年が明けてから寝つきの悪さはあるが学校には行けるようになった。クリニックの起立テストは以前よりも数値的には良くなっている。

2月に入り、寝つきの悪さは少しずつ改善しているものの良いとは言えない、学校には行けている。

3月、大分調子は良くなり、野球部の部活に出られるようになった。寝付くまで30分くらいかかる。

4月、クラスが変わったりして緊張しているせいか寝つきの悪さと起床時のだるさが出てきた。

5月、体調は戻り、部活の朝練も出られるようになったが、無理はしないようにする。修学旅行にも問題なく行けた。

6月に入り、寝つき、起床時のだるさ共に良い。部活も他の部員と同じメニューをこなせている。

7月、野球部の県大会で1日中外にいたが大丈夫だった。

9月から調子が良いので2週間に1回のペースで治療。

以降、受験勉強等も問題無くこなす。

平成30年5月、調子は良いがクリニックでの起立テストの時に少し気分が悪くなったが、数値的には悪くなかった。

8月、普段の体調は良好。クリニックでの起立テストも問題なくこなし、数値も正常値なので、治療を終了とした。

 

 

 

不妊治療>治療を始めて7カ月で自然妊娠(ほかに生理痛が酷く、低血圧でふらつきがあった)

平成28年6月7日

女性 30歳

主訴 低血圧 生理痛(生理痛は2日目が辛く、4時間ごとに薬を飲む) 貧血 肩や首の凝りが辛い 妊娠希望

他の症状 足の冷え 頭痛(生理時、気圧の変化のある時)

はじめは週に1回の治療で継続し症状や身体の状態を診て治療期間を開けていく。

7月12日 6回目の治療。先週生理だったが薬を飲まなくて済んだ。

8月9日 10回目の治療。台風の影響で頭痛が起こり薬を飲む。生理痛もあり薬を飲んだ。

その後1週間にに1回の治療を続け15回目の時に経過が良かったので2週間に1回にする。

平成29年2月7日 28回目の治療。検査薬で陽性。

以後、安産の為に2週間に1回のペースで治療。

途中、腰痛、ふくらはぎがつる、逆子などありましたが、10月5日に予定日よりも10日早く自然分娩で出産されました。

陽性判定が出るまで基礎体温は概ね安定していました。低温期から高温期への移行が緩やかだったり、高温期が短かったり不安定になることはありましたが、高温期と低温期ははっきり分かれていました。妊娠中はつわりも無く腰痛やふくらはぎがつるなどの症状が出ることはありましたが比較的安定していました。